お知らせINFORMATION

ノーステック財団のHPで、下記の2補助金の公募予告がありました。

※公募開始ではありません、あくまで予告です!

 

①令和2年度「札幌型環境(エネルギー)技術・製品開発支援事業」

補助率2/3、補助金上限1,000万円

②令和2年度「札幌型ものづくり開発推進事業」

補助率1/2、補助金上限500万円

https://www.noastec.jp/web/news/details/_0195_pdf_pdf_pdf_2019_2019.html

 

当方も、事業者様のご依頼で、①②を合わせて計3回、支援(いずれも採択)させて頂いており、

かれこれ数年間続いてきた補助金です。

 

ものづくり補助金も原則1/2の補助率となったことから、①の補助金はかなり美味しいですよね。

一昨年までは、札幌市の事業者だけが対象でしたが、昨年からは周辺都市も対象となり、

活用できる事業者が拡大されました。

 

恐らくこれからあるであろうものづくり補助金の公募を前に、

予告をすることで、こちらへの公募を先取りしようというものではないかと思われます。

 

いずれにしろ、開発に携わる事業者の皆様、是非ご検討ください。

 

新年あけましておめでとうございます。

1月8日にして今年初めてのお知らせです。(笑)

今回は、本日告知のありました

ものづくり補助金成果事例集2019「mono.ho」

が発刊されましたのでご連絡いたします。

ものづくり補助金成果事例集2019「mono.ho」(最新版)発刊!

 

ものづくり補助金の事例集は、ものづくり補助金の採択事業者の

成功事例を集めたもので、毎年発刊されています。

 

実は、私も中央会に勤めていたころ、これの企画・制作を担当していたんですよね。

そこから毎年内容もグレードアップしていって、今年は

「ついにここまで来たか!」と思わせる素晴らしい出来でした。

 

北海道の事例集は、発行部数で全国ベスト3くらいに入る力の入れようだったんですよ。

今回の感じなら全国1・2を争うくらいの部数が出ているんじゃないでしょうか。

 

私が独立して引き継いでくれ方が、きっとすっごく頑張ってくれたんだろうな~と、

本当に感謝・感激です。

 

この事例集は、ものづくり補助金の採択事業者で、一定の成果を残した方なら、

どなたでも掲載のチャンスがあるんですよ。(当時と変わっていなければ…ですが)

もちろん掲載料は無料、全部事務局側が手配してくれます。

 

採択事業者だけに与えられたチャンス!皆さんも是非ものにしてみませんか?

 

なお、今なら無料で一冊もらえるようですので、上記サイトのお申込みフォームから

皆様も申込んでみてはいかがですか?

令和元年12月26日に中小企業庁HPが更新され、

次年度のものづくり補助金のリーフレットが公開されました。

https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/2019/191226yosan02.pdf

 

以前も触れた項目もありますが、ポイントを以下の4つにまとめました。

 

①小規模事業者以外は、補助率が1/2に下がる可能性あり。

リーフレット上は「補助率1/2(原則)」とありますので、

これまで同様、例外的に補助率2/3となる可能性もありますが、

具体的に示されていないため、本当に補助率1/2オンリーとなる可能性があります。

 

②要件が変更、厳格化に?

これまでは「付加価値額年率3%アップ+経常利益年率1%アップ」でしたが、

今回は、「付加価値額年率3%アップ+給与支給額年率1.5%アップ+最低賃金+30円以上」

の3条件に替わるようです。

詳細な条件・期間はわかりませんが、事業所の最低賃金が地域別最低賃金+30円以上となること

が求められているため、従来に比べ、条件が厳しくなったのではないかと思われます。

 

③電子申請はJ-Grants化

補助金申請が電子申請に択一化されて記憶に新しいところですが、これが今回J-Grantsという

電子申請等のシステムに適用されるようです。

J-Grantsを使用するためには、GビズIDアカウントが必要と書かれております。

GビズIDアカウントには、gBizIDエントリーとgBizIDプライムの2種類がありますが、

後者のgBizIDプライムの取得が必要でです。

(https://gbiz-id.go.jp/top/index.html)

Webから申請書を作成し、印鑑証明書を同封して2週間程度かかるようですので、

ご検討されている方は、今のうちに取得された方が良いかと思います。

 

④最初の公募は3月から?

このリーフレットでは、補助金事務局の公募が2月、補助金の公募開始が3月頃と

書かれております。事務局の公募が始まる前からこのような日程が示されるのは

ありがたいですね。

 

この後は、事務局の公募の頃により詳細な情報が見えてくると思いますので、

そのころにまた解説させて頂きます。